とてもお得に利用できるコピー機のリース

コピー機のレンタルサービスの特徴・基礎知識

コピー機および複合機のレンタルサービスは、企業と契約を結んで中古の機器を借り受けることです。同様のサービスにリースがありますが、契約期間は中・長期であり機器は新品です。レンタルの場合は契約期間は短期が主体であり、リースとは違って中途解約が可能となっています。借り受けた物品の管理もその企業が行ってくれて、ユーザーに過失がない場合の故障時は代替機を用意してくれるのもレンタルサービスの特徴です。

2つのサービスの使い分け方は、長期間にわたって使用する場合はリース、一時的な利用やあらかじめ用途が決まっているなど短期間であればコピー機をレンタルを利用するのが一般的です。使用例としては選挙の時期だけに利用される選挙事務所、工事の際に限定して建設される現場事務所が挙げられます。どちらも期間および用途が決まっており、長期にわたって必要とされる場所・シーンではありません。こういう場面においては、新品のコピー機を借りるリース契約よりもお得になります。

他にも展示会などのイベント会場やホテル、セミナー・ワークショップ会場などが挙げられます。学習塾の夏期講習や受験直前の強化セミナーの際など、大量にコピーしなければならない時期において重宝されており、サービスの最適な利用タイミングです。社内で新規プロジェクトを立ち上げる際なども、コピーやプリントアウトの機会が増えるため臨時的に契約するというケースは少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です