とてもお得に利用できるコピー機のリース

コピー機レンタルとリースを比較する

買うほどではないけど必要という場合に、レンタルは丁度よい選択肢です。コピー機もレンタルをする専門業者があるので、活用すればコピー機を用意することが可能です。主に法人向けに提供していることがおおいですが、個人でも利用できるところもあります。家庭用のコピー機だと、大量の印刷に向いていませんし、性能面でも劣ります。

そのため、買う余裕がない場合であっても、印刷を大量に行うというのであれば、月額料金で利用できるレンタルで業務用タイプを利用した方が良いです。安いところであれば月額料金が数千円と、一万円を切るので負担感はあまりありません。月額料金以外に、カウンター料金がかかることが多いので、そのことはしっかり確認しておきましょう。カウンター料金は、印刷枚数に応じてかかる保守メンテナンス費用です。

リースとレンタルいずれが良いか悩む場合は、利用期間に応じて検討しましょう。前者は、3年以上で後者は3年未満を基準とすると良いです。レンタルは長期的に見れば高くつくことになりますが、短期ならいつでも解約できますし、必要に応じて購入やリースに乗り換えたりすることができるので柔軟性が高いです。リースの場合は、一度契約すると長期間契約に拘束され、途中解約をしたければ残債をすべて支払わなければならないなど、柔軟性はありません。

その代わり長く見た場合の負担額はリースの方が低くなるので、結局はどの程度使うのかでベストな選択肢が決まります。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です