とてもお得に利用できるコピー機のリース

審査がないコピー機レンタル

コピー機をできるだけ初期投資をかけずに導入しようとするならば、メーカーからの正規価格での買取は適切な方法ではないことは確かです。そこで検討されるのがリースやレンタルといった手段ですが、どちらも契約者自身には所有権がなく、リース会社などに権利があるといっても、実際の使用上は大差がないといえます。もっとも両者の間の差は日常の使用感以外のところにあるといえ、たとえばリースは5年程度の長期契約がふつうで、途中解約は原則的に認められません。そのかわりに固定的なリース料金を毎月支払えば継続的に利用することができ、レンタルよりも価格は安価です。

いっぽうのレンタルは短期的な利用に最適といわれ、それはリースのような契約期間の絞りがなく自由に期間が決定でき、料金も利用日数分だけ課金されるという特徴があります。コピー機のレンタルはリースと違い審査不要である点も注目されます。長期契約のリースは契約者が料金を継続的に支払うだけの資力があるかどうかを重視するため、契約前に審査をしてその能力を見極めるのが通例です。しかしレンタルの場合には審査のプロセスが存在しておらず、単純に在庫としてあるコピー機を貸し出してくれるだけですので、審査を通過できるかが不安な個人事業主やスタートアップ企業などにもぴったりです。

短期間がメインであるとはいっても、こうした需要に対応してより割安な月単位での料金を設定している会社もみられます。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です