とてもお得に利用できるコピー機のリース

コピー機のレンタルとリースの違いについて

ビジネスでコピー機を使う場合にはリースが一般的ですが、5年から7年もの長期間にわたって必要になるわけではありません。リースは法人だけが契約者になることができ、サービスを利用するには審査を受ける必要があります。基本的に5年から7年ほどの長期契約を締結し、途中解約には解約金が必要です。初期費用はかからず機種を自由に選ぶことができ、保守はメーカーや保守会社が行います。

レンタルの場合は法人だけでなく個人も契約者になることが可能で、契約期間は基本的に3か月から2年ほどです。初期費用がかかり選べる機種も限られていますが、保守は保守会社が行い途中解約もできます。レンタルは長期契約のリースと異なり、短期間だけサービスを利用できる点が大きなメリットです。リースの場合には5年から7年の長期契約は通常で、解約する場合には2か月分の料金を解約金として支払わなければなりません。

コピー機を借りる場合には、リースのように解約時に残債が発生しないので安心です。長期間にわたってコピー機を利用するかどうか不明な場合には、リースを選ばない方がよいでしょう。仮に会社が倒産するような事態に陥ったとすると、連帯保証人である経営者が料金を負担しなければならないので注意しなければなりません。多くの企業がコピー機のリースサービスを利用していますが、契約を締結する場合には利用計画を立てて慎重に手続きを進める必要があります。

レンタルならば契約期間は短いので、気軽にサービスを利用できます。新たに法人を設立したり個人事業主が新規事業を立ち上げたりする場合など、レンタルサービスを利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です