とてもお得に利用できるコピー機のリース

コピー機をレンタルするメリットとは

コピー機のレンタルサービスは、短期的に使用する必要がある個人事業主や法人を対象としています。同じようなサービスにはリースがありますが、利用するには審査を受けなければならず契約期間は5年から7年と長期になるのが通常です。リース契約は基本的に途中で解約できず、解約する場合には料金2か月分の解約料を支払わなければなりません。予め長期使用を想定している場合には、リース契約を検討するとよいでしょう。

コピー機のレンタルサービスは、法人だけでなく個人事業主でも利用できるというメリットがあります。リースは法人だけが利用できるサービスなので、個人事業主は長期的に借りることができません。事業が軌道に乗って法人化すれば利用できるようになりますが、開業当初にコストを抑えてコピー機を導入したいのであればレンタルを利用する必要があります。このサービスは3か月から2年ほどの短期契約が一般的で、途中解約が可能なだけでなく解約金も不要です。

コピー機の保守はリースの場合だとメーカーや専門の会社が行うため充実していますが、レンタルは専門の会社のみが担当します。サービスの提供会社によって保守体制に違いがあるので、契約前に十分確認する必要があります。リースには初期費用がかからず、多くの機種の中から条件に合ったものを選べるというメリットも存在します。短期的に借りる場合には一定の初期費用がかかり、選べる機種もあまり多くはありません。

リースとレンタルにはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるので、状況に応じて最適なサービスを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です