冠婚葬祭の中で、誰もが避けて通ることのできないものが葬儀です。しかし、その割には葬儀に関する費用については一般によく知られていません。多くの人は、いざ大切な人が亡くなったときに慌てて葬儀会社に連絡をして、費用の検討もそこそこに式を執り行います。冠婚葬祭については、できれば事前に相場等を調べておくのが望ましいでしょう。

そうすることで、当日慌てなくても済みますし、お金の準備も事前にしておけます。葬儀費用の目安としては、標準的なものなら120万円から150万円程度だとされています。最低でも100万円あれば葬儀は可能ですから、それだけのお金が用意できるのなら費用面で心配はないでしょう。ただ、最近は不況のせいもあって、冠婚葬祭の世界も低価格化が進んでいます。

大切な人が亡くなったときにでも、近親者のみで式を執り行えば費用はほとんどかかりません。安いものですと、10万円以下ですべて済ませることができるようになってきました。こういったタイプのものを家族葬などと呼びますが、呼び方については各社で違いますから、問い合わせてみるのがいいです。現代の若者は宗教的にニュートラルであって、あまり式の内容にこだわることもありません。

必要最小限のことができればそれでいいという考え方が一般的になってきています。お布施に関しても、あまり払いたくないという人が多く、近頃ではお寺もあまり高いお布施は求めないようになっているのです。