冠婚葬祭に掛かる金額について考える時、葬儀全般における出費で後悔するケースがしばしばあります。これは他の冠婚葬祭と比較して、お葬式は事前の心づもりや準備が無い状態で執り行う必要に迫られてしまいがちなのが原因と言えるでしょう。そのためお葬式に掛かる出費については予め勉強しておくことをお勧めします。現在葬儀全般に掛かるお金はおよそ二百万円と言われています。

但しこれは全国における平均的な金額を計算したモノで、実際のところ少ない額では二十万円、多い額では八百万円という報告もあり、この金額を下限上限と考えればだいたいの目安になるでしょう。ここで注意しておかなくてはならないのは葬儀全般にかかる出費については大まかに分けて三つの内訳があると言うことです。まず一つ目が葬儀一式費用です。これは故人がお亡くなりになった後のご遺体の搬送から始まる葬儀葬送において必要となる人や場所、モノに掛かる金額のことを指します。

お通夜からお葬式、告別式その後の火葬から骨上げに至るまでの費用の総計です。お葬式を執り行ってもらう業者に見積書を出してもらうと、この一式費用のみの計算となっている場合が多いので、他の出費も含めた総額を予め計算してもらっておくことをお勧めします。残り二つの他の出費とは寺院費用と接待飲食費用です。これはお寺に依頼する戒名料や読経料そして会葬における料理や飲み物、返礼品に掛かる金額のことです。

依頼する宗教関係者や業者及びその依頼内容によってその金額は大きく異なってきますので、かなりな程度の調整が可能です。冠婚葬祭を後悔無く執り行うためには事前の調査をしっかり行っておくことが肝要です。そしてパートナーとなる業者はなるだけ自分の希望に合ったところから選ぶようにしましょう。