冠婚葬祭で気になるのは自分が死んだ後や親族の葬儀がどんなものになるかどうかではないでしょうか。特に葬儀費用は冠婚葬祭の中でも高額になりますし、お布施やら火葬費用などでしきたりに従うとどうしても必要と思われる費用が発生することになります。最近ではお墓に対する固定概念も崩れてきていますし、合同葬に対しても否定的な意見が少なくなってきています。永代供養は30年程度一括で費用を支払いしていさえすればきちんと供養をしてもらえるというプランですが、その後について何の保証もないことを考えれば合同葬や散骨といった方法でもいいのかもしれないと考えを変えることができるチャンスにもつながります。

自然葬が一般化してきているのにつれて、費用が高額であることに対して懐疑的な人が増えてきており、葬儀も簡略したもので構わないというシンプルな考えの人が増えてきています。それにあわせて小さなお葬式プランも発売されており、火葬のみ、通夜なし、家族葬のみといった必要不可欠なものだけをピックアップして冠婚葬祭をシンプルにしようとしています。料金もわかりやすくなっており、追加プランがないという特徴もありますから、後になってからあわてる心配もありません。火葬するだけなら20万円以下という明朗会計で利用できますし、お布施に対しても5万円程度で宗派に関わりなく手配してもらうことができます。

一般的な葬儀も60万円程度というリーズナブルな価格プランを打ち出しており、これからは冠婚葬祭でも豪華にせずシンプルを極めるほうがよいという考え方にシフトしつつあるのかもしれません。