冠婚葬祭の中で一番最後に行われるのは葬儀ですが、多くの人が考えるのを先延ばしにしがちです。しかし、事前に費用や流れを考えておかなければ、葬儀が円滑に進まなくなってしまいます。流れは宗派によって多少の違いはあるものの、それほど違いはありませんし、直前でも間に合います。しかし、冠婚葬祭の費用は莫大で、その中でも葬式にはたくさんのお金が必要になるため、直前では間に合わない可能性があります。

一般に葬儀にかかるお金の相場は220万円ほどで、最低でも20万円ほど必要です。費用の中には、祭壇の他にも会場費や食事代が含まれます。平均的金額の220万円の内訳は祭壇に120万円、会場代と食事代がそれぞれ50万円ほどです。あくまで220万円は平均値であり、地方やその時の景気にも影響を受けるので、理論上の費用よりも実際にかかる予算見積もりを提出してもらうことが大切です。

この予算見積もりがあることで葬儀をめぐるトラブルを未然に防ぎ、トラブルが生じても解決を容易にします。式が終わっても法要やお墓の費用もありますので、見積もりを請求するときは、それも含めたものを請求してすることで、トラブルが減少します。というのも、実際にトラブルが起きやすいのは、この部分だからです。この部分だけで100万円ほど新たにかかります。

これらの出費を合計すると400万円ほどになります。このため、葬儀は冠婚葬祭の中でもお金がかかるといわれるのです。お寺などでやると、どうしても出費がかさむ場合は自宅葬にすると出費を抑えられます。