親族が亡くなると、葬式をする側の立場になります。人生の中で、そう何度も体験することでは通常はありません。そのために、誰でも葬式をするときには慌てることやわからないことがでてきます。その中でも、一番の不安は葬式にかかる費用になります。

まず、葬儀会社の依頼をするとさまざまなプランを提案してきます。そのプランには当然ですが、そのかかる費用も掲載されています。どのような形式でするのかは、依頼する側が決めることが重要です。家族葬にするのか、または一般葬にするのか、などです。

形式を決めると、そのプランも早く決めることができます。ただ、かかるお金は葬儀会社に支払うものだけではありません。プランの中にも含まれない別料金のものをまず確認をしておきます。その合計を見積もりしてもらうとおおよその合計金額がでてきます。

その合計金額以外にも必要になるのが、仏式や神式の場合にはその僧侶や神主へのお礼が必要です。このお金を忘れている人が、数多くいることも事実です。また、そのお礼の金額も約30万円からと高額になることもあります。この場合は、宗教により異なりますがやはりお金を包むことは必ずあります。

以外とかかるのが、葬儀会社に支払い以外のお金です。これらを総合して、合わせた費用が実は葬式に使うお金です。葬儀プランだけでは、まだまだ不足しています。総合してかかるものを、事前に下調べしておくと本番では慌てることがなくなります。

用意するのなら、最低でも100万円はしたいものです。