葬儀の料金では、祭壇や棺といった装具品やサービスの一般費用、参列者への振る舞いや返礼品にかかる接待費用の他に、お寺に支払うお金もあります。お気持ちという名目にはなっていますが、必ず支払うのが普通です。お布施の総額は、読経料、戒名料、お車代、御膳料、などといったもので構成されます。読経料の相場は、通夜~告別式までお願いすると10~20万円くらいです。

お車代は5千円~2万円、御膳料は1万円くらいが相場です。戒名料は、戒名のランクによって変わってきます。高い位だと、100万円以上お包みする必要があります。一般的なものから順に、信士(しんし)と信女(しんにょ)が15~30万円、居士(こじ)と大姉(たいし)が30~50万円、院釋(いんしゃく)と院釋尼(いんしゃくに)が80万円~、院居士(いんこじ)と院大姉(いんたいし)が100万円~、となっています。

一般的に選ばれるのは信士と信女、居士と大姉で、それ以上の高位の戒名が選ばれることは稀です。お布施の大部分を占めるのが戒名料、と覚えておけば良いでしょう。ただし、これはあくまで一般的な相場であって、お寺によって同じ戒名でも金額は変わってきます。菩提寺がある人は、事前に相場を伺っておくと良いでしょう。

お寺によってはだいたいの相場を提示しているところもあります。葬儀のお金は色々かかりますが、お寺へのお礼のお金も用意しておく必要があります。渡すタイミングは、葬儀の前にお寺に伺っておくと良いです。