葬式の形も変わりつつあると言われて久しいものです。昔はそれこそ平均150~200万円ほどはかかるのが当たり前だったのは、一般葬ということで家族や親戚以外にも近所の人や会社の関係者など大勢の人を呼んで、食事を出したり返礼品を用意して渡したりというような大規模な形式だったからかもしれません。今は核家族化してきていることもあり、葬式自体も家族だけというようなかなりコンパクトなプランもあれば、本当に親しい友人を呼んだりするなどかなり人数は抑えて行なう事も多くなりました。手順などはこれまでの葬儀を踏襲しながらも必要のない部分は省略したり、量を減らすなどして料金自体も安くなっているプランが多く、葬儀の代金をどうしたら良いのかと悩みがちだった人にもほっと安堵していたりするぐらいです。

コンパクトかつシンプルな形としては、火葬だけを行う式です。この場合だと10~20万円ぐらいでも利用ができるプランを見かけます。参列するのは家族のみですから、大勢の人の行き来がない分ゆっくりと故人にお別れを告げることも出来ます。それが終われば納骨をして終了です。

必要に応じて友人や知人に連絡をして別途お別れ会などを開くというようなこともあるので、葬式はあまり大きくしたくないという時にはこれらのプランを利用するといいでしょう。いろんな形の葬儀がありますので、どんな形で行なう場合にせよ、家族が満足して見送りができるようにして下さい。喪服のことならこちら