最近は社会環境も移り変わってきて家族の数も昔のような大家族ではなく、親子だけというような核家族も増えてきています。その為、葬式をしようと思ってもどんな規模で行えば良いのか、プランなどを見て考え込むことも多いのではないでしょうか。故人の側でも家族に負担をかけたくないという思いで、どちらかというと余りお金のかからないようなこじんまりとした式を望んでいることも少なくありません。葬儀会社によっていろいろなプランがありますが、料金もプランごとによってかなり違ってきています。

火葬だけの式もあれば、家族だけで行うプラン、そしてこれまでの葬式の形式である家族だけでなく親戚や周囲の地域の人、そして会社関係の人などを呼んで行なう一般葬などです。一般葬は人数としては50名以上からという考え方になるので、料金面ではかなりかかると思っていいでしょう。人数が少なく小規模になるほど価格は安くなります。また、プランに含まれているのがどこまでなのか、追加で費用がかかるのはどこからかという事も良く確認しておきましょう。

車の手配の有無などもありますし、使っている祭壇や棺、骨壷などは変更ができる場合もありますので、予算に応じて相談をしてみると良いでしょう。葬式は参列する時も挙げる側の時もそんなにたくさん経験をする訳ではありませんし、何をすればベストなのかというのは家族によっても変わりますので、相談しながら故人のお見送りをしていきましょう。